古民家のことお気軽にご相談下さい。

支部紹介動画

当協会について


当協会は地域に残る日本の伝統的建築である古民家を次代に受け継ぐため、古民家のインスペクションを始め古民家等の再生、活用、地域の未来を見据えた活動を実施しています。
また国土交通省リフォーム事業者団体に登録される一般社団法人全国古民家再生協会の支部事務局として全国ネットワークで対応をおこなっています。
協会概要 >>

全国古民家再生協会 古民家再生安心3カ条

1、技術ある大工さんネットワーク
古民家の再生には、技術ある大工さんが必要不可欠です。
当協会は国土交通省と連携し職人育成に力を入れており、手刻みができる大工さんネットワークを有しています。

2、リフォームかし保険の徹底
リフォームにかし保険の付保はスタンダードです。
当協会は、国土交通省リフォーム事業者団体として、全ての古民家再生工事にリフォームかし保険を付保しています。

3、茅葺古民家も適正価格で再生可能
これまで一般的に茅葺屋根の葺替はコストがかかり困難なものと捉えてこられました。
当協会は茅葺職人技能士を育成し、日本の伝統的な屋根である茅葺古民家を適正価格で再生が可能です。

最新活動報告

2019/12/14 京都例会

更新日 2019年12月14日

例会を開催いたしました。

詳細は下記より議事録をご覧ください。

[ 議事録を読む ]

お知らせ

京都新聞に掲載いただきました

空き家についてさまざまな課題について掲載いただきました。

京都新聞に掲載いただきました

全国空き家アドバイザー協議会の亀岡支部の設立総会について掲載いただきました。。

くすのき瓦版に掲載いただきました。

第8回古民家フォト甲子園の表彰式(小学生部門最優秀賞)について、くすのき瓦版に掲載いただきました。

京都新聞に掲載いただきました。

第8回古民家フォト甲子園 小学生部門最優秀賞の表彰式について、京都新聞に掲載いただきました。

設立総会開催のご報告

2019年8月18日に当法人の設立総会をおこないました。 当日は、二之湯古民家再生議員連盟副会長、桂川亀岡市市長、田中京都府議会議長、京都府知事(代理)、近隣再生協会にお越しいただきました。 たくさんの方にお祝いいただき …

ブログ

大工棟梁育成事業 実技

この事業は令和4年度 木造住宅・都市木造建築物における生産体制事業(うち、大工技能者等の担い手確保・育成事業)で、日本の建築技術を後世へ残していくために伝統技術を学び活かせる技術者の育成を行うことを目的に実施しています。

日本で最も有名?な古民家

この家がなぜ日本で最も有名?な古民家なのかはリンクをご覧ください。https://kuronika.com/category/renovation/ 実際に、古民家の改装をされた家を見たりお話しを聞くのは、大変参考になり …

大工棟梁育成事業(実技)

実技の80時間、集中して頑張ってください。

DIYと住教育

『保津・むらカフェ プロジェクト』第3回 DIY 左官体験 Part2第2回 夢会議 地域を知ろう!! アラウンド・ザ・保津ツアー

古民家フォト甲子園
PAGETOP